POPCON

日本のミュージックシーンをリードしたイベント、POPCON (POPULAR SONG CONTEST)。当時の思い出から、現在も活躍しているアーティストの特集まで、ポプコンのすべてがここに!



ピックアップアーティスト - Artists

福島邦子(シンガーソングライター)

ピックアップアーティストバックナンバー

福島邦子
Profile
* 岡山県生まれ静岡育ち 現在世田谷在住
ギター演奏が大好きだった父と松竹歌劇団の母の影響で音楽を始める。
1977 YAMAHAポプコンでの入賞をきっかけにフォーライフレコードよりデヴュー。ピアノやギターの弾き語りでの特異な位置を占める。
* 作家としても中森明菜「アイツはジョーク」、研ナオコ「ボサノバ」、風見慎吾「涙のTake a chance」、杏里「フェイドアウト」などが大ヒット、同時に自己のアルバムを多数リリース。
12枚めのシングル・リリース後、渡米。ニューヨークでのアルバム・レコーディング中にNHK-BS「カナダ夢をつなぐ大地」のテーマソングを担当。
ラジオパードナリティとして充実した日々を送る。またゲストとして全国から個人的に呼ばれる事も。
1999 南青山、渋谷でLIVE活動を着実に続ける。
2004 ミニアルバム「CLASSICS」をリリース。同時にインターネット・ラジオ番組「KUNIKOのマイ・クラシックス」も収録。
2005.3月 NHK-BS「列島縦断~鉄道乗りつくしの旅」テーマソング及び挿入歌を担当。これがきっかけになってNHK番組に出演する機会が増える。
2005.11.3 番組特番にて旅人関口知宏さんと共に歌い完走を祈った。
また番組関係のCD「空のコトバ」「旅のうた」をリリース。NHKとの出逢いから新たに幅広い年齢層の確かなファンを魅了した。
* さらにBSハイビジョンシリーズ「岩崎恭子の街道てくてく旅」テーマソング「START」を担当。水泳金メダリストで現在一緒に「燦々ぬまず大使」もつとめる岩崎恭子さんを音楽で応援。今後もライブにアルバム制作に意欲を燃やしている。
~popconに寄せて~福島邦子さんのコメント

スローナンバーのイントロを弾き始めるとすぐに私の世界。たまにはなつかしい曲もいいかな。遠い昔の事だからめったに思い出さないが、LIVEハウスでピアノを弾いているときにYAMAHAで教えていた私がよぎったりする。

もちろん歌っている最中なので間奏とかEndingのあたりでの事。当時、突然に誰かやって来てpopconの応募曲を書いたら?と言ってもらい、確かに一曲書いた。メロディラインも覚えていなかったがその歌を『クッキー』という女の子のデュオが歌った。後になってその二人があのピンクレディーとなり、今になってCD化される。彼女たちの、そして私の作家としてのデヴュー曲でもあったわけだ。

いろいろな人に曲を提供したり、番組のテーマ曲を歌って歌ってみたりする毎日を楽しんでいる。私にも過去とか青春とかがあってそれなりに新鮮だったのだと想う。少しまたガンバッてみようかな?なんて思っていたらEndingのフェルマター。客席の拍手はあの頃も今も少しも変わらない。

【好評発売中!!】
空のコトバ
鉄道のりつくしの旅
テーマ曲シングル
CLASSICS

オリジナルコンセプトアルバム
旅のうた
鉄道のりつくしの旅
番組サントラ盤
*てくてく旅のテーマ曲収録
空のコトバ

CLASSICS
旅のうた
PUCA-2001
\1,050(税込)
VF-0925
\1,500(税込)
PUCA-2002
\2,520(税込)


メッセージ
お気に入り
ライブ情報

Be Positive !
拡大して見る
My favorite 5
1. English
2. パソコン
3. サングラス
4. お好み焼き
5. 晴れ
 
福島邦子「旅の報告」LIVE
4月5日(水) 19:30~
※こちらのイベントは終了しました。


Copyright © Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc. All rights reserved. 本ホームページの無断複製・転載を禁じます。